クリック !


   ★驚愕 勝率100%の株式投資が無料公開中! 株ドカン!  14日間無料

2013年01月04日

海外販売エクゼクティブクラブ  世界中の外国人客を対象に自宅にいながら起業、を強く支援します

  海外販売エクゼクティブクラブ  世界中の外国人客を対象に自宅にいながら起業、を強く支援します

  こんにちは。今日は最短距離で海外販売で収入を得る、
「 海外販売エクゼクティブクラブ 」のご紹介です。

  ★世界中の外国人を対象に自宅にいながら起業し、お客さまと共に自由な暮らしを実現してしまった私の成功を知りたくないですか ?
(以下、エクゼクティブクラブの募集HPより)

  日本から海外へ。一体どうやって、何が売れてるんだろうか?
私にもできるんだろうか?難しそう・・。
いえいえ、そんなに難しいことではありません。
あなたの身近にある、
日本の商品が世界では高値で取引されています。
これから紹介するのは、当会が人数限定で発行している
「特選!トップセラーが見つけた海外で売れる商品ガイド!」で
特集された海外で売れている商品の一例です。
 ⇒海外販売エクゼクティブクラブ  世界中の外国人客を対象に自宅にいながら起業、を強く支援します

  当会のコンサルティングの特徴は、いち早くあなたに
海外販売で収入を得る方法を、
最短距離でマスターしてもらうことが可能です。

  商品ガイドの発行を始めてから約2年間。
毎週欠かさず1万円以上の利益が出る商品を紹介し続けています。

開始当初は
「もしかしたら見つからない週があるかもしれない」
と思っていましたが、実は創刊以来、
一度も1万円以上の利益が出る商品が見つからなかったことがありません。

もちろん、1万円以上利益の取れる商品が以外にも、
毎号数千円の利益が簡単にとれる商品の紹介もしております。

  今、世界は日本ブームでたくさんの商品が売れています。
今の為替水準は少々高いので、円安になるとますます売上が伸びます。
まだチャレンジする人が少ない今がチャンスといえるでしょう。

縮小する日本市場、拡大する海外市場。
これから10年間かけて少しずつ日本は衰退の一途を辿ることでしょう。
そんな中、ライバルと限られた市場を取りあうのは限界があります。

幸いにしてインターネットが登場してからというもの
世界と繋がることは大変簡単になりました。

  私達は、「日本の珍しい商品を買いたいけれど買えない外国人」
をターゲットに、ビジネスを展開していくことになります。

ご存じない方が多いかもしれませんので解説をさせていただくと、
世界最大のオークションサイトであるeBayを例にとると
2012年現在のアクティブユーザー数は1億240万人と
日本の総人口に迫る勢いとなっていて、常に増加を続け
今年に至っては過去3年間と比べても最も多位200万人の
新規のユーザーを獲得しています。

  これは、日本のヤフーオークションの10倍以上の規模で、
これ以上の伸びが期待できない日本市場と比べて魅力的であることは
ユニクロや楽天などの大手企業が次々に海外進出をしている現状からも
明らかであると言えるでしょう。

世界市場はスマートフォンの登場によりますます伸びているんです。

  ところがー
一般の個人である私達日本人はこの波に乗ることができずにいます。

エグゼクティブクラブは5年に渡り海外のお客様への販売を行うための
支援を続けてまいりました。

  大半が、英語も話せず資金力もない普通の日本人ばかり。
それでもトップセラーと呼ばれる日本人セラーを
続々と誕生させるまでに至りました。

過去5年間に1000名以上の海外販売セラーを育てた実績は
恐らく個人輸出業界では当会が一番だと自負しております。

  長い前置きはこのくらいにしておきましょうか。
海外販売にチャレンジする前に、
あなたには実際に手に取ってコンテンツを無料で見て判断を
頂きたいと思っています。

  これから公開するマニュアルは、最初の1か月分。
つまり15,000円に相当し、改訂したばかりの最新版です。

さあ、無料で入手して判断してください。
 ⇒海外販売エクゼクティブクラブ  世界中の外国人客を対象に自宅にいながら起業、を強く支援します


クリックお願いします


  ブログ紹介

 ニュースとお金儲け情報
 米、「財政の崖」回避で決着=上院下院が法案可決、大統領署名へ―富裕層に増税 



【関連する記事】
posted by 副収入ガイド at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック