クリック !


   ★驚愕 勝率100%の株式投資が無料公開中! 株ドカン!  14日間無料

2015年02月09日

4年で150億稼いだ、秘密の封印が解かれた!!  タートルズトレード / FX投資の学校

   4年で150億稼いだ、秘密の封印が解かれた!!  タートルズトレード / FX投資の学校

   ★ついに、4年で150億稼いだ 秘密の封印が解かれた !

   こんにちは。
ズブの素人が、
ある●●をしたことで、4年で150億を稼いだのです。

その秘密、きっとあなたも知りたいですよね。
今すぐクリックして、ご覧ください。
http://fx-school.net/optin2/?page_id=432

   本日は、
会員数34万人以上、月間300万人以上の一般投資家が集まる、
日本最大級の投資系メディアである「 みんかぶグループ 」
が立ち上げに総力をあげた
「 投資の学校 」さんからの特別なお知らせです。

1分間だけ、
お付き合いしていただき、下記をご覧ください。
 ↓↓↓↓↓↓

   ズブの素人集団が、
年間80%以上もの平均利益を4年間たたき出しました。
総額なんと150億円以上です!

それも、
計算ずくで、狙い澄ましてー

これは、衝撃の実話です。

  1980年代にアメリカで行われた、
投資業界の「世紀の大実験」と呼ばれた
タートルズの大実験をご存知ですか?

タートルズとは1980年代、
リチャード・デニスという天才投資家が作ったトレーダー集団です。

  リチャードデニスは
400ドルを数十億ドルにしたまさに伝説の投資家です。
そして、
彼にはウィリアム・エックハートという
トレードのパートナーがいました。

エックハートは、元数学者の株式トレーダーで
科学的数学的手法を投資・トレードに取り入れ大成功した、
実践的数学者としても名高い人物です。

  リチャード・デニスもウィリアム・エックハートも
非常に優れたトレーダーだったのですが、
大成功した彼らは、
ある日こんな実験をしたいと思うようになりました。
それはー

  『ズブの素人に正しい投資教育をすれば、
我々のような優秀なトレーダーを育成できるか』

というテーマなのです。
それを証明するために、
彼らはあのウォール・ストリート・ジャーナル氏に
広告を出して、投資のズブの素人を募集しました。

●投資の初心者募集
●優秀なトレーダーは育成できるか実験します
●興味がある方は応募してください。

  そして集まった、投資のズブの素人に対して、
投資で勝つ極意を伝授したのです。その結果・・・

結論。
 “勝てる投資家は、正しい教育をすれば育成できる”

そうなのです。
ある●●とは、正しい投資教育だったのです。

  彼らは、一人の脱落者を出すことなく、
なんと4年間で平均80%、総額1億5千万ドル(約150億円以上)という
とんでもない成果を挙げたのです。

その後、
全米CTA(商品投資顧問業者)ランキングの上位は常に、
このタートルズ流の卒業生で占められたほどでした。

  つまり、正しい本物の投資教育をすれば、
才能に関係なく、ズブの素人でも、
勝てる投資家に育てることはできるということです。


  では、リチャード・デニスとウィリアム・エックハートは、
いったい何を彼らに教えたのか?
どんな教育をしたのか?

あなたも絶対に知りたいですよね。

なぜなら、それを知れば、私たちも才能に関係なく、
投資で安定して勝つことができるのですから。

  タートルズ流の投資手法は、
今でももちろん通用するノウハウです。いえ、
通用するどころか、
現時点でも世界最高レベルの投資ノウハウなのです。

しかし、肝心のタートルズ流投資の研修の内容は、
厳しい守秘義務契約により、封印されたままでした。


  しかし、この日本に、
タートルズ流の投資手法を誰よりも熱心にひも解き、解明し、
現在の投資に応用し、
抜群の成果を上げ続ける、カリスマ投資家がいます。

  それが、日本が世界に誇る投資家にして、
抜群の教え方の上手さで、
カリスマ的な人気を誇る、小次郎講師です。

そしてこの度、期間限定で、
このタートルズ流・世界最高水準の投資手法を、
小次郎講師が、
日本人が完璧に活用できる形で、無料で伝授させていただきます。

  ついに、
本物の投資教育を日本でも受けることができます。
今すぐ登録をして、勝てる投資家になる
世界最高レベルのノウハウを手に入れてください。
 ⇒4年で150億稼いだ、秘密の封印が解かれた!!  タートルズトレード / FX投資の学校



クリックお願いします




【関連する記事】
posted by 副収入ガイド at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック