クリック !


   ★驚愕 勝率100%の株式投資が無料公開中! 株ドカン!  14日間無料

2017年12月31日

「 脳科学マーケティング100の心理技術 」  顧客の脳を支配する、ニューロマーケティング  ダイレクト出版

Neuromarketing 440 201.jpg
   「 脳科学マーケティング100の心理技術 」  顧客の脳を支配する、ニューロマーケティング  ダイレクト出版


   ★本の中身の要約 
   広告心理学から ニューロマーケティングへ

   現代のニューロサイエンスは、
私たちの脳の内側を見つめ、
心理学のブラックボックスを開けるのに
役立つツールをもたらしました。

今や機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による
脳スキャンという魔法を使えば、

たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの
脳の反応が、つねられたときの反応
ーーつまり、痛いと感じたときの反応と
非常によく似ていることがわかります。

  また、脳波計(EEG)の技術のおかげで、
ある種の脳の活動を測定するコストが下がり、

より多くの統計用サンプルデータが
得られるようになったため、広告や製品の
確実な最適化が行なわれるようになりました。

  ニューロマーケティングとは、
要するに脳の働きを理解し、
その知識を活用してマーケティングと
商品の両方を改善することです。

ニューロマーケティングのテクニックが
適切に使われれば、より優れた広告、
より優れた商品が生まれ、顧客はより満足します。

  誰だって気に入ったと思える商品が欲しいし、
退屈なコマーシャルは見たくないでしょう。

「賢いマーケティング」とは、
あなたの脳を使うことだけではない。
あなたの顧客の脳を使うことでもあるのです !
 ⇒「 脳科学マーケティング100の心理技術 」  顧客の脳を支配する、ニューロマーケティング  ダイレクト出版



   ★顧客の脳を支配する本

   「私たちの思考、感情、学習の95%は
意識されることなく生じている」

こう言ったのは、
ハーバード大学のマーケティング学の教授
ジェラルド・ザルトマンです。

  人の脳というのは不思議なもので
普段私たちは頭を使って考えて
行動しているように思えますが、

実はほとんどの行動というのは
無意識の内になされています。

実際、朝起きて歯を磨き服を着て
会社に行く、、といった行動を
必死に考える人はいないでしょう。

つまり、好むと好まざるとにかかわらず
人の行動の95%は無意識のうちに
決定されているのです。

  そして、この95%の無意識の力を
マーケティングや広告・販売戦術に
活用することはできないのか?

そう考えたのが、人気ブログ
「Neuromarketing(ニューロマーケティング)」
の執筆者、ロジャー・ドゥーリーです。

  ドゥーリーは、
カタログ販売のマーケターとして
マーケティングの世界で頭角を現す一方、

脳科学や行動科学に興味を持つようになり、
独自に脳科学の最新知識を
マーケティングの分野に活用した
「ニューロマーケティング」を研究。

この分野の第一人者となりました。

  そして、ニューロマーケティングの
数々の研究結果をまとめたのが

この脳と心の科学本
「 脳科学マーケティング 100の心理技術 」
というわけです。

  価格が脳に与える影響や
男性脳、女性脳の攻略法、
ケチな人に売る方法などなど、

目次を見るだけでも
心理学や行動科学を元にした
大変興味深い内容が満載なのが分かります。

私も読みましたが、
非常にオススメの本なので
是非、チェックしてみてください。
 ⇒「 脳科学マーケティング100の心理技術 」  顧客の脳を支配する、ニューロマーケティング  ダイレクト出版



   ★「売れない商品」を売る方法

   想像してください。

あなたは、
八百屋さんを経営しています。

ミカンを150円、
ミカンとリンゴのセットを300円
で販売しています。

さて、あなたなら、
どんな方法で
売上を上げますか?

例えば、
ミカンを100円に値下げして、
セットを350円に値上げして、
ミカンをたくさん買わせる。

あるいは、
ミカンを200円に値上げして、
セットを250円に値下げして、
セットをたくさん買わせる。

もしかしたら、
これらの方法も
うまくいくかもしれません。

  でも、
価格を変更するリスクをとらず、
売上を上げる方法があるんです。

それは、、、

”リンゴを「300円」で販売すること”
です。

リンゴを300円で買う人なんて
いませんよね?

  では、なぜリンゴを
「300円」で販売することが
売上アップにつながるのでしょうか?

実際に、こういう結果があります。

=================
  ある雑誌の年間購読の案内を
用いた実験があります。

A、B2つのグループに、
雑誌「エコノミスト」の購読案内を
見てもらいました。

 A グループは、
「ウェブ版」
「ウェブ版と印刷版」

 Bグループは、
「ウェブ版」
「印刷版」
「ウェブ版+印刷版」

値段は、
ウェブ版:59ドル
印刷版:125ドル
ウェブ版+印刷版:125ドル

どちらも条件はほぼ同じ。

  違うのは、Bグループに
「印刷版だけの購読」が
含まれているだけ。

なのに、
「印刷版」を選択した人は
1人もいませんでした。

  その上、Bグループでは、
ウェブ版と印刷版のセット購読を選ぶ
人は62%多くなり、
収益も43%増えています。

でも、やったのは、
売れない「印刷版」を
「おとり」にしただけです。

  では、なぜおとり商品は
うまくいったのでしょうか?

ある研究が
fMRIによるスキャンを用いて、
それを証明しています。

  その実験は、
私たちが選択肢の中から
1つを選ぶとき、
脳内で何が起きているかを確かめました。

  その結果、
魅力が同じ2つの選択肢から選ぶ場合、

選択の難しさが原因で、
人はイラ立ちを示すことが
確認されました。

そこに、
さほど魅力的でない選択肢が
もう一つ加わると、

選ぶ過程が、前よりもラクで
楽しくなることが証明されました。

  お客さんは常に選択に迷っています。

必要な商品を手にいれるため、
お客さんはいずれの方向に
ひと押ししてくれる
何かを求めているのです。
=================

  このように、
簡単なことなのに知っているだけで、
得するアイデアがあります。

これは、
「 脳科学マーケティング100の心理技術 」で紹介している
100の実践アイデアのうちの1つです。

残りの99のアイデアはこちら
 ⇒「 脳科学マーケティング100の心理技術 」  顧客の脳を支配する、ニューロマーケティング  ダイレクト出版



   ★著者 ロジャー・ドゥーリ―

   マーケティング・コンサルタント会社「ドゥーリー・ダイレクト社」の創業者であり、人気ブログ「Neuromarketing(ニューロマーケティング)の執筆者。コミュニティ・アーキテクト&サイトストラテジスト。カタログ販売のマーケタとしてマーケティングの世界で頭角を現す。IT ビジネスに進出するかたわら、脳科学、行動科学に興味を持つようになり、独自に脳科学の最新知識をマーケティングの世界に活用した「ニューロマーケティング」を研究し、第一人者となる。

  クライアントは、「フォーチュン500」企業から小規模のe コマース企業まで幅広く、最新の脳科学と行動科学から導き出した、クライアントのためのよりよいマーケティングを提唱している。ニューロマーケティングの「宣教師」として執筆や講演なども積極的に行い、その発言は主要メディアで頻繁に引用されている。

 ⇒脳科学マーケティング100の心理技術  ダイレクト出版



   ☆カスタマーレビュー

  すぐマネできるテク満載 By ran

  これまで無意識でやっていたことに、少し意識を集中するだけで、こんなにも反応が変わるのですね。
伝え方にインパクトがあり、分かりやすいです。全ての項目が重要項目なので、何度も読み返して自分のものにしたいです。ビジネスだけでなく、プライベートにも使えるテクが満載です。


  マーケティングに革命! By Tiger

  今まで自分が消費者として引っかかっていた数々の罠に、この本を読んで初めて気づいた ランダムに見える数字やアルファベット、無作為に見えるネーミング・・・・・・ 今では外で目に入るあらゆる商品を
脳内マーケティングの観点で見てしまう 本を読み進めながら今後自分のビジネスに使える形でメモを取っています 今から実践をしていくので楽しみです!


  脳科学マーケティングのエッセンスが1冊に凝縮! By KANATA

  通販の仕事をしており、ニューロンマーケティングに関しては、もう10冊以上いろいろな本を読んできたが、そのいろいろな本のエッセンスが1冊に凝縮されている感じでした。それでも、アンカー価格、キラーフレーズを持つ、かわいそうな子供の話をする等は、新しい発見でとても勉強になりました。もっと、早くにこの本を読みたかったです。段階をおって勉強したい人には、あまりおすすめできません。1冊で脳科学マーケティングの全貌が分かってしまうといって過言ではないと思います。



クリックお願いします






【関連する記事】
posted by 副収入ガイド at 05:17| Comment(1) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
「脳科学マーケティング」すごく興味がわきますね。
読んでみたいと思います。
情報ありがとうございます。
Posted by ごんたママ at 2018年01月02日 17:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。